会社規模的にマツダは、トヨタなど大手に敵わないですね。

しかし以前からスポーツ志向の製品をそろえることで大手メーカーとの差別化を図ってきました。

さらにハイブリッド技術ではすっかり遅れをとってきたマツダです。

ハイブリッドのような複雑なシステムを開発する予算は厳しいのでしょう。

ですので、ガソリンエンジンの効率を上げることで、時代の要求に合わせた環境性能を手に入れてきました。

マツダがスカイアクティブとか言い出したのは2010年頃からでしょうか。

他メーカーがやらないガソリンエンジン技術を実用化するので注目度もあります。

正確にはスカイアクティブはエンジン技術の範囲に留まらないです。

トランスミッション、シャシーもスカイアクティブテクノロジーに含まれます。

エンジンに対する真面目な姿勢はクルママニアからも一目置かれる存在となりました。

つまりはマツダというブランド力アップにもつながっていると思います。

こんな排気系統をぐるぐるとやって本当に効率アップするのでしょうか。

しかし、素人のクルママニアの心はしっかり掴みました。

CX-5あたりから、マツダの雰囲気も変わってきましたね。

対する、旧車種としてしばらく残されたのがプレマシーなどです。

笑っているように見えるフェイスはどうもファミリーカーの匂いが強すぎて、抵抗のあるファンも多そうです。

ミニバンとは言ってもステップワゴンなどと比べて、全高は低めです。

足回りも燃費をやや犠牲にしながら、とは言っても適正な締り具合だとおもいますが、乗り心地はかなりよく、しっかりと長距離に耐えられます。

この世代のアクセラは、中身は好感度高いですが、エクステリアは子供向け過ぎて好きになれません。実際、中古車相場でも渋い状況ですね。

中古車相場で言えばデミオの方がまだ堅調です。

デザインはシンプルで、値段なりにまとまっています。

ただし、この世代のデミオは足回りが好きになれませんでした。

コンパクトカーだからと言えばそれまでですが、ひょこひょこと落ち着きません。

ロードスターもこのモデルは中途半端なイメージです。

これまでの続編で出しましたてきな。言い過ぎでしょうか。

スカイアクティブのトランスミッション

スカイアクティブのシャシー技術

マツダの広島工場で生産

ラパンが一番可愛い軽自動車

マツダのデミオはエントリーモデル

ヴェルファイアでファミリードライブ

RVRのブレーキがすごい

マツダのスカイアクティブ

シティで峠を超えてみた

自動車メーカー特徴を分析

マツダのロータリーエンジンの歴史

マツダのエンジン技術

マツダがトヨタにロータリー発電機を納入する可能性

セレナのプロパイロットでドライブ

MINIはBMW傘下

マツダはパワートレインのスカイアクティブ化

マツダにCVTは合わないのか

ロータリーでなくてもマツダなのか

CX-5の販売が好調

マツダのアクセルバランス

ミラトコットの乗り換えを検討

ロータリーエンジンとレシプロエンジン

ロータリーエンジンとマツダの決断

マツダの歴史的名車

発電をロータリーエンジンで行う

マツダのアテンザが売れている

マツダのハイブリッドはロータリー

マツダとレシプロエンジン

エクリプスクロスを乗って、遊び心

オデッセイの3列シート